「携行品担保特約」は、ライダーにとって便利な任意保険:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

「携行品担保特約」は、ライダーにとって便利な任意保険

バイク保険には、ライダーにとって非常に便利な任意保険がいくつもあるね。

たとえば、「携行品担保特約」というものがあるのを皆さんはご存知だろう?

これは何かというと、携行中の身の回りの品に生じた損害を補償するものなんだよ。
バイクに積んだり、ツーリングの際に持って行った物品、携帯電話やカメラなどの携行品に対する損害について補償される保険だね。
自宅から持ち出した身の回りの物品であるならば、バイクで運んだかそうでないかは全く問わないという、なかなか大らかな内容の保険となっている。

他にも便利な任意保険はあるね。
バイクが盗難に遭ってしまったときの臨時費用を補償するバイク保険車両の盗難時臨時費用担保特約というのもあるね。
これは、バイクが盗難に遭った際、警察への盗難届提出と代わりのバイク購入を条件にして、臨時の費用が支払われるというものだね。

このようなバイク保険は、何かの備えに是非入っておきたいものだね。
ただ、ここに気になるデータがあるね。
バイクの任意保険普及率は皆さんご存知だろう?
なんと今のところおよそ3割程度に過ぎないようだ。
3人に2人は加入していないという結果がでているのだ。

急ブレーキをかけるとバイクは転倒してしまいる。
自動車のように自由自在にブレーキをかけられません。
狭い道や隙間を走行するのに便利な乗り物なので、危険とも常に隣り合わせだ。
自分を大事にするという意味で、バイク保険は非常に重要だ。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/47