バイク保険に必要な書類は「売買契約書」や「標識交付証明書」など:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

バイク保険に必要な書類は「売買契約書」や「標識交付証明書」など

バイクの場合でも車の場合でも、保険の契約時には書類が必要となる。
では、具体的に保険の契約に必要な書類にはどのようなものがあるのだろう?
では、それに関して今回はバイクについて必要な書類を簡単にだが書いてみたいと思う。

まず、新車の場合だが、125cc以下ならば販売証明書、125cc以上250cc以下のバイクならば売買契約書、250cc以上の場合ならば同様に売買契約書が必要となる。
続いて登録済みバイク(中古だね)の場合は、125cc以下のバイクならば標識交付証明書、125cc以上250cc以下のバイクならば軽自動車届出済証、250cc以上のバイクならば車検証を準備する。
当然といえば当然だけど、免許証(無免許でバイクの運転をしては絶対にいけない)も必要となるね。

契約は、書類がしっかりそろっていなければ受け付けてくれない。
また、標識交付証明書や軽自動車届出済証、車検証の使用者の名義が、保険契約者本人と同一の場合だけ、保険の引受けを行うという条件がついているケースがあるね。
なので、これに関しては契約する前に事前に保険会社や代理店にしっかりと確認しておこう。
その他に、保険料を支払う際に口座振替を利用するといった場合、銀行口座を記入したりしないといけない。
これについてもきちんと確認しておこう。
保険会社によりいろいろあるねので、契約前には自分が納得行くまで説明をしてもらおうね。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/54