人損事故と物品事故の差は警察が出す事故証明の差:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

人損事故と物品事故の差は警察が出す事故証明の差

バイクによる人身事故と物損事故というものは勿論違いる。
では、人身事故と物損事故の違いとは?

ここでいう違いとは何かというと、警察のほうから出してもらう事故証明での話だね。
物損事故の場合は、警察が現場検証を行って、これは物損事故であると判断されれば発行してもらえるよ。
バイクでクルマにぶつけてしまったとか、家屋を壊してしまったとか、ガードレールなどを壊してしまった・・・などというときだね。
なので、このような事故にあった場合、まず警察に連絡をするようにしよう。
そして警察の他に自分が契約している保険会社にも連絡をしてほしい。
それが大前提となる。
仮に警察に届けを出していない場合は、事故の当事者同士で話が食い違ったりするケースがでることが多々あり、もめにもめることが多いんだよね。

一方、人身事故の場合だと、負傷して治療をしてもらった病院の診断書が必要となる。
この診断書の発行にかかる費用はおよそ4000円くらいになるね。
お金は多少かかりますが、保険会社は、警察が人身事故として扱って事故証明を発行してくれないと保険金は払ってくれないのだ。
しかし、自損事故で任意保険に加入していない場合など、自分の怪我に関して人身事故で事故証明を出してもらっても意味がない場合があるね。
どちらにしても保険料は支払われないからだね。
事故としては人身事故であっても、物損事故として処理をしてもらうのだ。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/56