バイク(二輪)保険の面倒な保険用語を徹底解説:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

バイク(二輪)保険の面倒な保険用語を徹底解説

バイク(自動車)保険にはいろいろ難解な用語もでてくるよね。
それらの用語について簡潔にだが解説してみました。

・ノンフリート契約
1名の契約者が所有および使用する、9台以下のバイク(自動車)にかける保険だ。

・ノンフリート等級
ノンフリート契約者に対し、適用される割引や割増を定めた制度だね。

・ファミリーバイク特約
125cc以下の原付に乗っていたときの事故に支払われます(所有しているバイクの数は何台でも可)
他人より借りたバイクも対象になる。
ただ、搭乗者傷害保険は対象外だ。

・賠償金
被害者の損害に対し、加害者が支払う義務が生じた金額のことだ。

・被保険者
保険の対象となる人のことを指す。

・付帯
特約などを付け加えると、特約の種類により自動付帯(セットで最初から付いている)と、任意付帯(契約者の希望により選択して付けられる)の2タイプがある。

・フリート契約
1名の契約者が所有し、使用する、10台以上のバイク(自動車)にかける保険だ。

・保険期間
保険の有効期間だね。

・保険金
事故に遭った際に保険会社が支払う金銭のことだ。

・保険契約者
保険契約の申込みを行い、保険料を支払う人のことだね。

・保険事故
保険金の支払い対象となる事故だ。
事故が起こっても契約条件によって支払いの対象と認めることのできないものは、保険事故ではないね。

・保険料
保険契約にあたって、契約者が保険会社に支払う料金のことだね。
別称、掛け金ともいわれている。

・免責
保険金が支払われない場合を指す。

・免責金額
自己負担の必要がある金額のことだ。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/37