バイク事故で被害者の過失に応じて適用される「過失相殺」の内容:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

バイク事故で被害者の過失に応じて適用される「過失相殺」の内容

過失相殺とは、被害者が被った損害の中で、加害者は被害者の過失に対応したところ(過失割合)の賠償を逃れると言うものだ。
動いているバイク(自動車)同士の事故の場合、ほとんどのケースで過失相殺が発生する。
過失相殺とは裁判の判例を基にしている。
ただ、過失相殺の基準というのはあくまで参考であり、決まりではないのだ。
裁判でも過失相殺というのは裁判官の自由裁量に任されている。
一時停止を無視したバイクとの衝突事故であっても、加害者が酒気帯び運転だった場合、加害者の過失は大きくなるんだね。

過失割合の加算要素だが、交通事故は個々の事故により過失割合が変化する。
以下はバイク(自動車)の場合の過失加算要素で、大体10%前後の過失が加算されます。

1.前方不注意
2.制限速度違反
3.ウインカー出し忘れ、または出し遅れ
4.黄色信号中の交差点等への進入
5.大型車の場合の右折
6.相手がバイクのケース
7.相手が初心者マークを付けているケース

などがあるねね。
勿論、過失割合が加算された場合、過失相殺も変わってくるよね。

人身事故での過失相殺だが、人身事故では自賠責保険から補償されます。
限度額は死亡が3000万円、後遺症は障害に応じて3000万円(ないし4000万円)、傷害は120万円となっている。
そして、限度額をオーバーした金額が任意保険から補償されます。

物損事故の場合だが、双方が任意保険に加入していたならば、双方の保険会社が連絡を取り合って示談交渉をする。
だので、提示された示談の内容に不満がない場合は、判を押して示談は成立となる。
過失相殺もお互いの保険会社が基準を元にして事故の状況に応じた修正をする。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/41