自賠責保険の料率は自動車よりも安く排気量で決まっている:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

自賠責保険の料率は自動車よりも安く排気量で決まっている

自賠責保険の保険料だが、バイク保険の場合だと、自動車よりも安くて排気量に応じて決まっている。
50cc~125ccの原付バイクの区分では、1年では7940円で、2年で10630円、そして3年で13240円、4年で15770円、5年では18230円となっている。
続いて126cc~250ccの軽二輪と呼称される区分の場合だと、1年で9350円、2年では13410円、3年17630円、4年21190円、5年だと24910円となっている。
251cc以上の小型二輪の場合に関しては、2年で18440円、そして25ヶ月で18970円という2つのパターンしかないね。

長い期間のコースにした場合、1年あたりの保険料は若干安くなっているのが分かるかと思う。
なので、更新のときの手間も考えると長めにするのがいいかもしれませんね。

この自賠責保険に入っていない場合の罰則に関してはどうなっているのでしょう。
その場合は、6ヶ月以下の免許停止、違反点数6点にプラスして、1年以下の懲役あるいは50万円以下の罰金となってしまいる。
気をつけましょう。

また、自賠責保険に加入しているバイクのナンバープレートには、ステッカーが貼ってあるね。
そして、上にある丸囲み数字は保険期間の満了する年を表し、中心の数字は保険期間が満了する月を表している。
バイク保険に加入しておかないと、前述した通り後で大変なことになってしまうので気をつけましょう。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/44