自賠責保険の限度額 死亡3000万、後遺症が残ると4000万円:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

自賠責保険の限度額 死亡3000万、後遺症が残ると4000万円

自賠責保険の支払いの限度額は、如何ほどか知っているか?
自賠責保険に加入はしたが限度額など詳しいことは知らない人もいるかもしれません。
では、それについて少し触れてみたいと思う。

まず、死亡の場合は3000万円までで、何らかの後遺症が残ると4000万円、負傷で120万円までと定められているのだ。
1度の事故で複数相手がいるという場合についても、1名に限らず、それぞれの人に上記の限度額までが支払われることとなっている。
ただ、期間中に何度利用したとしても、支払い金額が減額されるということはないね。

原付バイクや車検の必要のない250cc以下のバイクに乗っていると、自賠責保険の期限切れをうっかり気づかずに迎えてしまうことがよくあるねので注意しよう。
今は便利な時代になったもので、ローソンなどのコンビニエンスストアでも自賠責保険には簡単に加入でくるよねから、大いに活用したいものだよね。

では、自賠責保険だけでは十分といえるだろう。
決してそうではないねね。
自賠責保険というものは、あくまで「被害者救済用の保険」という意味合いが強いだ
そのため、運転者本人の被害、被害を与えた車や物の損害保険としては機能しないんだよね。

また、自賠責保険の限度を超えてしまう保障が発生したときは、自腹で行わなくてはならないのだ。
だから、そんなときのことも考えてバイク保険であっても任意保険に加入する必要性が出てくるんだよね。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/45