他車運転危険担保特約は借りて運転しているときに力を発揮:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

他車運転危険担保特約は借りて運転しているときに力を発揮

バイク保険にもいろいろなものがあるね。
ではそれらの中から「他車運転危険担保特約」という保険について簡単に説明をしてみたいと思う。

何かの都合などで、知り合いのバイクを借りた際に事故を起こしてしまうと、非常に大変なことになるよね。
こんなケースに便利なバイク保険というのが「他車運転危険担保特約」なんだ。

この特約は、本人や家族が、他人が所有するバイク(もしくは原付バイク)を借りて運転しているときに対人賠償事故や対物賠償事故、または自損事故を起こした場合に力を発揮する。
というのも他人のバイク(原付)の保険の有無に関係なく、保険金を優先的に支払うことがでくるよね。
ただし、レンタカーについては除かれますけどね。

具体的にいうと、例えば知り合いのバイクを運転中、誤って自動車と事故を起こしてしまったとしよう。
そのときに、自分がかけている任意保険のこの特約を用いて、相手車両の修理費などを賠償した、というケースだね。
ただ、借りたバイク自体の損害に関しては支払われないことから、このケースでは自腹で修理費を負担しなければなりませんから、注意が必要だね。

また、臨時にバイクを借用することが前提の保険だので、大学に父親名義のバイクで通っている・・・といった家族で日常的に使っている場合などは、対象になりません。
これも注意が必要だね。
また、この保険は扱っていてもオプションか自動付帯かという違いがある他に、全く扱っていないという会社もあるね。
なので、契約のときは説明してもらおう。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/48