後ろに知り合いを乗せるときには搭乗者傷害保険を:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

後ろに知り合いを乗せるときには搭乗者傷害保険を

バイク保険にもいろいろなものがあるね。
ではそれらの中から「搭乗者傷害保険」という保険について簡単に説明をしてみたいと思う。

皆さんもバイクでツーリングなどをする際に、後ろに知り合いを乗せることもあるかもしれませんね。
でも、バイクが事故にあってしまい、転倒したりするとこれは大変だ。
そんなときのために搭乗者傷害保険というバイク保険はあるね。

これは、保険に契約をしている車両に搭乗している人が、事故で死亡したり、身体に後遺症が残ったり、負傷した場合などに定額で保険金を支払うものだね。
具体的には、死亡してしまったり何らかの後遺症が残った場合、事故発生日から180日以内に死亡した場合には契約金額全額が支払われます。
後遺症が生じてしまった場合は程度に応じ、4%~100%の保険金が支払われることになる。

医療保険金が支払われるケースでは、事故発生日から180日を限度とし、治療日数が1日につき入院、通院日額を契約された保険金額で支払いる。
支払われるのは平常の生活、あるいは業務(仕事だね)に従事することが可能になる程度に回復した日までだ。

また、保険金額は個別設定が可能なこともあるんだ。
これは保険会社により違いがあるケースもあるね。

保険金が支払われないケースには、自然災害による障害、飲酒運転による事故、自覚症状があるが医学的に証明できないもの(鞭打ち症)などがあるね。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/49