他人の物を壊してしまったら対物賠償保険:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

他人の物を壊してしまったら対物賠償保険

バイクの保険にもいくつかの形態があるね。
では、今回は対物賠償保険について簡単に説明をしてみたいと思う。

対物賠償保険とはどのようなものなのか。
これは事故によって、相手のバイクや自動車、他人の物を壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負ってしまったときに、実際の損害賠償額を払う保険のことだね。
1事故、被害者1人につき、修理費などの損害賠償額を保険金額を限度にして実際の損害賠償額を支払いる。

支払われない場合もあるね。
父母、配偶者や子に対する損害賠償、また、地震や台風、津波、洪水、高潮などといった自然災害の影響での損害がこれにあたります。
列車に衝突してしまったり、家屋やトラックの積荷などにまで被害が及んでしまうと、場合によっては億単位の賠償が発生することがあるね。
なので、無制限のバイク保険に加入するのがオススメだね。

また、この保険は免責設定をすることもできるんだ。
例を挙げると、対物賠償限度額の設定を無制限にし、免責金額を3万円に設定した場合について。
この場合、物損の相手への賠償金額は3万円(または5万円の場合もあるね)を引き、無制限で支払うという契約のことだね。
賠償額のうちの3万円(5万円)は自己の負担だ。

ただ、事故を起こす確率というのは低いので、免責を設定すると、保険料が安価で済むというメリットもあるんだよね。
保険に入っておけば、示談交渉を保険会社の方で行ってくれるので、バイク保険は任意保険にも加入しておこう。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/51