対人賠償保険は他人を死傷させてしまったときのため:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

対人賠償保険は他人を死傷させてしまったときのため

バイク保険にもいろいろあるね。
対人賠償保険について説明をしてみたいと思う。

対人賠償保険とは何なのか。
仮にバイクの事故によって、乗車していた人や歩行していた他人を死傷させてしまったとしよう。
その際、法律上の損害賠償責任を負ったときに、自賠責保険などを超えた部分に対して保険金を払う任意保険のことだね。
支払われる保険の内容としては、まず、1事故、被害者1人につき、治療にかかる費用、休業に伴う損害、慰謝料などといったような損害賠償額を支払いする。
但し、これは自賠責保険を超える分となる。
それと、保険金額とは別枠になるのだが、対人事故に伴う被保険者に発生する見舞金や香典などという臨時費用を支払うケースもあるね。
支払い金額に関しては保険会社によりまちまちだね。
また、支払われない場合もあって、父母や配偶者、子に対する損害賠償、地震、津波、台風、噴火、洪水、高潮などといった自然災害での損害がこれにあたりますね。

あと、対人賠償とは、相手の職業によって高額になるケースもあるんだ。
例を挙げるとするならば、45歳の会社役員が交通事故に遭ってしまい、それによって後遺症が残ってしまったケースがあったとしよう。
この場合では3億円弱の損害額が認定されている。
また、同じく事故によって後遺症が残ってしまった大学受験を控えた19歳の浪人生の場合だと、2億6000万円の損害額が認定されている。
というわけでバイク保険に加入する際は、対人賠償については無制限を選ぶのが無難だと思う。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/52