バイク盗難保険 とにかく悲しいことだわ:バイク保険比較 二輪車の事故に備えて

バイク盗難保険 とにかく悲しいことだわ

バイクに乗っている方にとっては、愛するバイクが何者かに盗まれてしまう・・・というのはとにかく悲しいことだよね。
実際に被害に遭った方もいるかもしれません。
バイク盗難は誰にでも起こりうることなのだ。

実際に外国人による窃盗団が摘発され、盗んだバイクは密輸に出していたという話も耳にしたことがあるね。
そこで、保険会社各社はバイク保険の種類として盗難保険を発売している。

盗難保険とは何か?
これは、バイクが盗難に遭ってしまった場合に市場価格(購入時の価格というわけではないところに注意してほしい)の90%ぐらいを上限として保険を支払うというものだ。
査定についてだが、型式が古くなればなるほど低くなる。

この保険は、バイク本体のみが対象となっており、施錠中だけの担保という条件などをつけている場合もあるね。
また、申し込んだからといっても、100%契約をしてくれるわけではないようだね。
実際に保険金を受け取るためにどうすればいいかというと、最初に警察に届けでます。
そして、警察署、届出年月日、受理番号を控えておくるよね。
また、事故証明書が必要になるケースもあるね。
それから、保険会社にも連絡し、250CC超のバイクならば陸運支局、それ以下のバイクならば市区町村の窓口にて廃車の手続きをする。
ざっと流れはこんな感じだね。
盗難保険は警察に届け出を出さないと保険の適用を受けることができませんので、その点は注意しよう。

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/53